出展企業 > 神戸市西区

マッチング検索

検索条件を追加する

選択した業種

選択した地域

ヨコノ食品株式会社

公開日:2019-04-01

ヨコノ食品株式会社

ヨコノを代表する商品「日本の野菜・極」。日本の豊かな土壌で育まれた野菜たちを日本のお米からできた油を使って揚げました。種子島産粗糖、鳴門産塩、国産水飴を使用したこだわりの逸品です。
保存料や着色料などの食品添加物も一切使用していない、完全無添加の野菜チップスです。
安全・安心でヘルシーな「日本の野菜・極」を是非一度ご賞味ください。

一般財団法人神戸みのりの公社神戸ワイナリー ワイン事業部

公開日:2018-08-13

一般財団法人神戸みのりの公社神戸ワイナリー ワイン事業部

【神戸ワイン セレクトシリーズ】
赤ワイン ライトボディ:柔らかな渋みが心地よく、赤いベリー系の華やかな香りが感じられます。和のワイン。
白ワイン 辛口:フレッシュな酸味があり、華やかなトロピカルフルーツの香りが感じられます。辛口のすっきりとした余韻。
白ワイン 甘口:ほのかに甘く、爽やかな柑橘系の香りが感じられます。自然な甘みで心地よい味わい。

ユタカ産業株式会社

公開日:2018-06-15

ユタカ産業株式会社

当社は樹脂・セラミック・断熱材の加工メーカーです。

お客様から図面をいただき、材料は自社で購入あるいはお客様から支給していただき、マシニングセンター、NC旋盤など金属加工用の工作機械を使って様々な樹脂・セラミック・断熱材を加工し、機械部品・電気絶縁部品など製造業全般における部品・部材を製造しています。

株式会社クローラル

公開日:2017-11-28

株式会社クローラル

野菜や果物は干すことで、うまみが凝縮されると言われています。水分が抜けて味が凝縮するためです。また水分を抜くので乾物と同じように長期保存できます。本来肉類や魚介類、野菜や果物などに含まれる食物酵素は、約50度以上に加熱すると酵素の働きが失われるため、酵素を摂るためには生で食べる必要があるといわれています。私たちのつくる乾燥野菜、果物は40度前後の乾燥方法によってビタミンや、ミネラル、食物酵素などの有用成分を壊さず生きたまま保存しています。

株式会社 ジェイテック

公開日:2017-06-05

株式会社 ジェイテック

FMSラインの他にも、旋盤、ターニング(立旋盤)での旋削加工も得意!

蓬莱精工株式会社

公開日:2017-05-17

・M/C、NC機、汎用機を駆使してあらゆる金属の切削、組立、試運転、調達までの一貫体制の機能を有しております。
・上記技術と可変ピッチスクリュー軸とを組合せた有機物の破砕粉砕技術と脱水技術の商品を有しております。

日本ジッパーチュービング株式会社

公開日:2017-01-17

日本ジッパーチュービング株式会社

EMC対策部品及び、配線結束チューブのグローバルメーカー。
熱・電磁波・ケーブルダメージ等のトラブルからお客様の製品を”カバー”します!
自動車、電子機器の軽量化などのご相談もお受けいたします。

エステック株式会社

公開日:2015-10-21

エステック株式会社

当社が開発した太陽光採光システム「サンライトチューブ」は日中に機能を発揮いたします。健康的な自然光を屋内に取り入れるシステムであり、電力費「ゼロ:0」のNOランニングコストを実現でき工場、学校、店舗あるいは住宅に至るまであらゆる建物の照明に必要な電力を大幅に削減することを可能にしたシステムです。

永田醸造機械株式会社

公開日:2015-10-21

酒・味噌・醤油・食品関係の、製造工程の全自動化と各機器の動作状況をコンピュータとリンクして自動制御を集中管理室にて監視するシステムを完成しております。 永田の技術として、省エネルギー効果を実現した新蒸気システム(横型連続蒸米装置)従来型装置の3割~4割蒸気量を削減し、省エネルギーを実現しました。

株式会社アトラステクノサービス

公開日:2015-10-21

●濾過装置 食品用から工業用途まで幅広い液体を簡便に大量に濾過します。 1分間に20リットル~4,000リットルまで対応。又、0.5ミクロンの精密な濾過も行えます。   ●真空フライヤー ろ過器メーカ-がつくる真空フライヤーだから、 高度な油の品質管理が実現します。 <真空フライによる食品の乾燥について> 食品の見た目を保ちつつ、保存性も良く 栄養価も高い乾燥方法です ●湯戻しをして食べるフリーズドライと違い、 そのままでも湯戻しでも おいしく食べられます食品が持つ味や風味がほとんど損なわれません ●規格外商品による農作物廃棄の削減など、 コスト負担を軽減します規格外生鮮食品を商品化することにより、 今までは廃棄されていた農作物を資源化することができます ●保存食・防災食としての利用も 注目されています食品の栄養価が損なわれず、長期保存が可能です 野菜・果物・肉・海産物などの乾燥食品用 また、災害時の保存食など、さまざまな分野での活用が可能です 詳細は自社ホームページをご覧ください。