中小企業のみなさま、経営、マーケティング、労働、事業承継、商品開発…何でも兵庫県中小企業団体中央会へご相談ください!
中央会活用事例「株式会社長手長栄堂」
中央会活用事例「関西メディア株式会社」
中央会活用事例「丸一興業株式会社」
中央会活用事例「株式会社喜市」
中央会活用事例「株式会社上野商店」
中央会活用事例「足立織物株式会社」
中央会活用事例「明和株式会社」
中央会活用事例「日藤ポリゴン株式会社」
中央会活用事例「播州織工業協同組合」
中央会活用事例「淡路瓦工業組合」
中央会活用事例「兵庫県パン商工組合」
中央会活用事例「企業組合氷上つたの会」
中央会活用事例「髙丸工業株式会社」
中央会活用事例「灘菊酒造株式会社」
中央会活用事例「株式会社フジタ精米人」
中央会活用事例「アニバーサリーボイス」
中央会活用事例「有限会社ボック(神戸洋藝菓子ボックサン)」
中央会活用事例「テラコッタアートVASARA」
中央会活用事例「菊水ゴルフクラブ」
中央会活用事例「KEKKOI」
中央会活用事例「株式会社オキフーズ」
中央会活用事例「北神生コンクリート協同組合」
中央会活用事例「オリーヴ菓子開発プロジェクト」
中央会活用事例「播州皮革工業協同組合」
中央会活用事例「神栄化工株式会社」
中央会活用事例「株式会社青山産業研究所」
中央会活用事例「株式会社藤原」
中央会活用事例「ヒロセエンジニアリング株式会社」
中央会活用事例「兵庫フード協同組合」
中央会活用事例「清水木工所」
中央会活用事例「伊藤牧場のジェラート屋さん「ぐらなーと」」
中央会活用事例「兵庫・阪神家電設備事業協同組合」
中央会活用事例「Café Kitchen ReBorN(リボン)」
special interviews
印刷用pdfファイルをダウンロード
case no.29

兵庫フード協同組合

酒米「山田錦」を守り、発展させる

company profile
創立:
1973年(昭和48年)
事業内容:
米の集荷及び販売
住所:
〒675-1111
兵庫県加古郡稲美町印南829番地
連絡先:
TEL:079-495-0019
FAX:079-495-3017
URL:
https://hyogo-f.or.jp/pjt_yamadanishiki/staple.html
  1. 山田錦のブランド力維持と向上に挑む
  2. 一流同士のコラボレーションが実現
  3. 農業の発展のためにも発信
事例集29_兵庫フード協同組合
谷郷さん(左)と井澤さん
酒米「山田錦」を食べる?

兵庫フード協同組合は、食糧管理法が敷かれていた時代、地元農家の米を集荷流通させることを目的に設立された。このたび、酒米として有名な「山田錦」を食べようというプロジェクトを立ち上げられたという。代表理事の谷郷さん、そしてプロジェクトの中心的役割を担われている井澤さんにお話を伺った。

山田錦は大粒で、酒米に必須の「心白」(しんぱく)と呼ばれる隙間の多い部分がしっかりあるのが特徴である。兵庫県で誕生し、兵庫県で産出され、酒造好適米として君臨してきた。中でも、同組合擁する北播磨の吉川、口吉川、東条は、特A地区と認定され、品質の高さで他産地とは一線を画している。

1995年(平成7年)、新しい食糧法の施工により米の流通が自由化されると、同組合は山田錦の集荷に力を入れることになる。

山田錦 -主食促進プロジェクト-
事例集29_兵庫フード協同組合02
試食会の様子

90年代の日本酒ブームなどもあり、酒米として優秀で高く売れる山田錦は全国に産地を広げることとなる。品質の良くないもの、安価なものが市場にあふれ、特A地区を誇る同組合でさえ余剰米が出たこともあったという。高品質なものはずっと求められ続けているのに、減反政策の対象になるという悲しい事態も。このままではいけないと、主食米としての活用が検討された。食糧管理法以前は普通に食用とされていた時代もあったのだ。

主食としてアピールするなら動画を使おう!前代表理事である井澤さんの父上の発案から中央会へ相談が持ち掛けられた。動画を見て興味を持ってくれた人に向けては、コンテンツのしっかりしたホームページも必要となる。それならIT導入補助金を利用しましょうとアドバイスを受けた。さらに、どういうストーリーで誰に向けて訴求するのか、その方法は山田錦にふさわしいか…話し合いが重ねられた。プロジェクトの始動である。

「山田錦を食べませんか?」

この問いかけは、酒米の雄「山田錦」を食べるという意外性で興味を引き、おいしくないという風評を覆すのが狙いだ。山田錦は精米された食用の米として流通していないため、通常口にすることはできない。それなのにまずいと言われているらしい。では、何を食べての風評か?それならば実際においしく食べてもらうしかない。

隙間の多い心白には味がしみこみやすいという点を活かし、大手寿司チェーンへ卸すことを視野に、寿司飯への利用が考えられた。だが、それだけではほかの米の代替品として使われるだけで、買いたたかれて値崩れを起こしてしまう。

ブランド米なのだから、それにふさわしい一流のシェフにお願いしてメニューから考えてもらおう。中央会 巽のアドバイスで、連携組織活路開拓調査・実現化事業の採択を受け、ホテル「ラ・スイート神戸」とのコラボレーションが実現した。

農業力の向上も視野に
事例集29_兵庫フード協同組合03
中央会 巽と

プロジェクトはテレビ放送やYoutubeなどで拡散され、大きな反響を呼んだ。ホテルで開催した試食会も大盛況であった。動画を見た人は、シェフによって考案された料理に興味を持ってくれたようだ。では、次は実際に食べてもらわなければならない。一度限りのイベントに終わらせてはいけない。

農業が衰退すると国力が弱くなると言われている。農業界に携わる者としての責任を感じる。変化する市場の要素状況に左右されることのない揺るぎないブランド力を確立したい。そうすれば、きっと山田錦を作っている農家さんのモチベーションアップの一助になれるだろう。

お話しくださったお二人からは、山田錦への深い想いと信頼が伝わってきた。これからも組合で力を合わせ、山田錦の魅力を発信し続けることで、さらなる認知とブランド力の向上に挑む。

担当者からひとこと
山田錦においては、今まで“酒米”としての知名度しか浸透されておりませんでした。 今回の事業を行うことにより山田錦=食べるという新たな活路およびフレーズを生み出し、山田錦本来のもつ可能性を引き出せるきっかけになりました。今後は、酒米だけでなく、主食としてのレパートリーを数多く発信していきたいと思います。
中央会_巽
担当者:巽 健吾
中央会では、団体・経営者の皆様がお持ちの様々な経営課題を解決するためのメニューをご用意しています。
中央会では組合、組合員企業(中小企業)の様々な相談に日々対応しています。「動く・つなぐ・結ぶ」中央会の一面、団体・中小企業が中央会を活用して課題解決に向けて熱心に取り組む様子をお伝えします。
中央会活用事例「Café Kitchen ReBorN(リボン)」
case no.33
Café Kitchen ReBorN(リボン)
人が集まり、自分もお客さんも夢を実現できる場を作る
読んでみる
中央会活用事例「兵庫・阪神家電設備事業協同組合」
case no.32
兵庫・阪神家電設備事業協同組合
町の電器屋さんとして地域の暮らしをサポート
読んでみる
中央会活用事例「伊藤牧場のジェラート屋さん「ぐらなーと」」
case no.31
伊藤牧場のジェラート屋さん「ぐらなーと」
地元に寄り添い、地域食材を使った優しい味のジェラート
読んでみる
中央会活用事例「清水木工所」
case no.30
清水木工所
蓄積された技術とITの融合で これからの靴づくりを牽引する
読んでみる
中央会活用事例「兵庫フード協同組合」
case no.29
兵庫フード協同組合
酒米「山田錦」を守り、発展させる
読んでみる
中央会活用事例「ヒロセエンジニアリング株式会社」
case no.28
ヒロセエンジニアリング株式会社
端材の利用で一般消費者にアピールする
読んでみる
中央会活用事例「株式会社藤原」
case no.27
株式会社藤原
発注者と受注者そして従業員 すべてが満足できるために奮闘
読んでみる
中央会活用事例「株式会社青山産業研究所」
case no.26
株式会社青山産業研究所
日本伝統の留め具 こはぜを再認識して守り伝える
読んでみる
中央会活用事例「神栄化工株式会社」
case no.25
神栄化工株式会社
黒子の靴底に光を当てる!受注生産型製造業から独自商品を発信
読んでみる
中央会活用事例「播州皮革工業協同組合」
case no.24
播州皮革工業協同組合
産地での直販の強みを生かしてブランド化を図る
読んでみる
中央会活用事例「オリーヴ菓子開発プロジェクト」
case no.23
オリーヴ菓子開発プロジェクト
連携グループ集中支援事業を活用した菓子づくり
読んでみる
中央会活用事例「北神生コンクリート協同組合」
case no.22
北神生コンクリート協同組合
景気回復基調といわれる今こそ課題解決と基盤固めの好機
読んでみる
中央会活用事例「株式会社オキフーズ」
case no.21
株式会社オキフーズ
淡路島の蒲鉾屋しかできないことを極め
地域貢献したい
読んでみる
中央会活用事例「KEKKOI」
case no.20
KEKKOI
『スイーツで笑顔になる人を増やしたい』
夢に向かって発信!
読んでみる
中央会活用事例「菊水ゴルフクラブ」
case no.19
菊水ゴルフクラブ
SNSをひとつのツールとしてよく知り
経営戦略に生かす
読んでみる
中央会活用事例「テラコッタアートVASARA」
case no.18
テラコッタアートVASARA
IT活用で工房から職人が発信する成功事例となり
伝統技術継承に尽くしたい
読んでみる
中央会活用事例「有限会社ボック(神戸洋藝菓子ボックサン)」
case no.17
有限会社ボック
ITでプロモーション大会2014参加で社内のチーム力アップ
読んでみる
中央会活用事例「アニバーサリーボイス」
case no.16
アニバーサリーボイス
創業間もないころのプロモーション大会参加で自らの強味を再確認
読んでみる
中央会活用事例「株式会社フジタ精米人」
case no.15
株式会社フジタ精米人
補助金を利用して
新製品を開発
農業ビジネスで地域貢献を
読んでみる
中央会活用事例「灘菊酒造株式会社」
case no.14
灘菊酒造株式会社
第三者の客観的な立場からの支援が歴史ある酒蔵の新しい展開に役立った
読んでみる
中央会活用事例「髙丸工業株式会社」
case no.13
髙丸工業株式会社
中小企業の力で
最強のものづくり日本を再現したい
読んでみる
中央会活用事例「企業組合氷上つたの会」
case no.12
企業組合氷上つたの会
企業組合設立による法人化
社会的信用度もアップし、理事長の交代にも成功
読んでみる
中央会活用事例「兵庫県パン商工組合」
case no.11
兵庫県パン商工組合
抱える課題が多いからこそ中央会の支援を個々のパン屋へも広げたい
読んでみる
中央会活用事例「淡路瓦工業組合」
case no.10
淡路瓦工業組合
和の伝統「瓦」の価値再発見の提案へ向け、組合員個々に支援の浸透を
読んでみる
中央会活用事例「播州織工業協同組合」
case no.9
播州織工業協同組合
「活路開拓事業」で専門家派遣を利用し、機能性布地の新製品開発に成功
読んでみる
中央会活用事例「日藤ポリゴン株式会社」
case no.8
日藤ポリゴン株式会社
補助金活用で開発したスロッターマシンが大きな柱となる事業に発展
読んでみる
中央会活用事例「明和株式会社」
case no.7
明和株式会社
マッチ産業から製麺業へ 販路拡大、海外進出への支援活用が課題
読んでみる
中央会活用事例「足立織物株式会社」
case no.6
足立織物株式会社
若い後継者への事業承継を進める中で多くの支援と経験値を上げる機会が得られた
読んでみる
中央会活用事例「株式会社上野商店」
case no.5
株式会社上野商店
人間的なつきあいの深まりで、かゆいところに手が届くサポートが得られた
読んでみる
中央会活用事例「株式会社喜市」
case no.4
株式会社喜市
「経営革新計画」策定サポートで、自社の経営全般を振り返り見直すことができた
読んでみる
中央会活用事例「丸一興業株式会社」
case no.3
丸一興業株式会社
新しいことに挑戦し続ける企業を応援してくれる中央会の門戸は広い
読んでみる
中央会活用事例「関西メディア株式会社」
case no.2
関西メディア株式会社
バーチャル展示会HYOGO!の動画を受注したことで中央会をとことん活用できた
読んでみる
中央会活用事例「株式会社長手長栄堂」
case no.1
株式会社長手長栄堂
農商工連携補助金で地元の農家とのコラボレーションが実現
読んでみる