中小企業のみなさま、経営、マーケティング、労働、事業承継、商品開発…何でも兵庫県中小企業団体中央会へご相談ください!
中央会活用事例「株式会社長手長栄堂」
中央会活用事例「関西メディア株式会社」
中央会活用事例「丸一興業株式会社」
中央会活用事例「株式会社喜市」
中央会活用事例「株式会社上野商店」
中央会活用事例「足立織物株式会社」
中央会活用事例「明和株式会社」
中央会活用事例「日藤ポリゴン株式会社」
中央会活用事例「播州織工業協同組合」
中央会活用事例「淡路瓦工業組合」
中央会活用事例「兵庫県パン商工組合」
中央会活用事例「企業組合氷上つたの会」
中央会活用事例「髙丸工業株式会社」
中央会活用事例「灘菊酒造株式会社」
中央会活用事例「株式会社フジタ精米人」
中央会活用事例「アニバーサリーボイス」
中央会活用事例「有限会社ボック(神戸洋藝菓子ボックサン)」
中央会活用事例「テラコッタアートVASARA」
中央会活用事例「菊水ゴルフクラブ」
中央会活用事例「KEKKOI」
中央会活用事例「株式会社オキフーズ」
中央会活用事例「北神生コンクリート協同組合」
中央会活用事例「オリーヴ菓子開発プロジェクト」
中央会活用事例「播州皮革工業協同組合」
中央会活用事例「神栄化工株式会社」
中央会活用事例「株式会社青山産業研究所」
中央会活用事例「株式会社藤原」
中央会活用事例「ヒロセエンジニアリング株式会社」
中央会活用事例「兵庫フード協同組合」
中央会活用事例「清水木工所」
中央会活用事例「伊藤牧場のジェラート屋さん「ぐらなーと」」
中央会活用事例「兵庫・阪神家電設備事業協同組合」
中央会活用事例「Café Kitchen ReBorN(リボン)」
中央会活用事例「兵庫県手延素麺協同組合」
中央会活用事例「菅哉物産株式会社」
中央会活用事例「あわじ里山プロジェクト」
中央会活用事例「淡路麺業株式会社」
中央会活用事例「坂本商店」
中央会活用事例「氷上商業開発株式会社」
special interviews
印刷用pdfファイルをダウンロード
case no.34

兵庫県手延素麺協同組合

伝統食材の歴史を重んじ未来を拓く

company profile
創立:
1887年(明治20年)
事業内容:
手延そうめん・ひやむぎ・うどん・中華麺、その他手延製品製造、販売
住所:
〒679-4167
兵庫県たつの市龍野町富永219番地の2
連絡先:
TEL:0791-62-0826
FAX:0791-62-3838
URL:
https://www.ibonoito.or.jp/
  1. 常に新しい試みに取り組み進化する組合
  2. ものづくり補助金を活用して自動化を推進
  3. すべては手延素麺揖保乃糸を食べてもらうため
事例集34_兵庫県手延素麺協同組合01
CMでもおなじみの「手延素麺揖保乃糸」
進化し続ける組合

創立以来130年余の歴史を刻む兵庫県手延素麺協同組合は、約400軒の組合員を束ね、その生産と販売を一括管理している。手延べそうめんは600年も続く播州の地場産業であり、日本一の生産量を誇る。奈良県の「三輪そうめん」、香川県の「小豆島そうめん」と並び、3大産地として知名度も抜群だ。

そうめんの製造は、もともとは農業の傍らの副業として始まった。家族労働主体の生産体制で品質のばらつきがあった。産地としての信頼と伝統を維持するために、組織化が行なわれ組合が生まれた。

昭和30年代までは全国の米卸店や乾物問屋を中心に量り売りが主流であったが、高度成長期を経て、流通、販売方法が変化し、大手スーパーでの販売に対応した袋入りのそうめんが生まれた。乾麺の保存性、物流のしやすさから、全国に広まっていった。また、日本企業の海外進出に伴う駐在員の広まりと共に輸出も始まり、その後の日本食ブームも相まって海外での販売も拡大してきている。組合のリーダーシップと組合員との強い結びつきを基盤として、時代に合わせて柔軟に進化し続けてきた。歴史を重んじつつ前進し続ける同組合の理事長の井上さん、内山さんに話を伺った。

手延べそうめんの価値とは?
事例集34_兵庫県手延素麺協同組合02
理事長の井上さん(右)、内山さん

食生活の変化、多様化につれ、そうめんの位置づけも変化してきた。もはや夏の昼食はそうめん一択の時代ではない。伝統を守りながらも常に新しいそうめんの在り方や価値を追求し、多種多様な食がある現代にも手延べそうめんを選んでもらえるよう、価値の訴求に努めている。その良さは何といっても食べて実感するおいしさと心のやすらぎ。まず最初のひと口を食べてもらうために、機械そうめんとの違いをどうアピールするのか?パンやラーメンやパスタが人気なのはなぜか?もっとおいしい食べ方はないか?海外で試食会を開いたり、そうめんレシピのコンテストを開催したり、ホームページやYouTube、SNSなども活用し、そうめんの食べ方への提案、宣伝、普及など販促活動を行っている。近年では食の安全も見直されるようになり、安全・安心な商品と安定的な供給がさらに求められている。品質の維持向上を第一に、手間と時間のかかる手延べそうめん製造におけるより良い生産体制の確立、新しい機械や方式の導入など生産の面でも改革に取り組み続けている。

常に一歩先を見据えて

父上の跡を継いで役員になり、その後理事長に就任された井上さんは、建設業界で培った経験を活かし、そうめんの生産と販売には品質管理を重要視して、原材料・副資材・製品の品質の製品管理のセキュリティーチェック強化を図っている。全商品が生産者番号で紐づけられたロット管理体制を構築し、倉庫の自動化を実現、トレーサビリティーシステムを確立した。

設備投資は大きな負担となる。リパック(小分け包装)ラインの自動化では、設備機械の開発に当たり、中央会の協力を得、ものづくり補助金を活用した。機械の開発は、地元の会社に依頼。ともに学び、成長、教育し、地場産業を盛り上げ続けることを大切にしている。コロナ禍での急な家庭用商品の出荷量増加に対応できたのも、リパック加工の機械化が進んでいたことが大きかったと振り返る。

海外への進出にも積極的に取り組み続けている。知名度向上と普及のために、アメリカや中国などでの展示会へも参加してきた。中央会のサポートもあり、香港で開催されているアジア有数の食品見本市「Food Expo」へも継続して出展している。アジアの人々は麺好きだ。スープを吸っても弾力を失わない揖保乃糸が評価され、その良さを再認識することとなる。異国で思わぬアイデアに出逢うこともある。現地で展示会を手伝ってくれたことが縁で日本へ招いた従業員は、今では特約店にて海外向けの通販で手腕を発揮している。

伝統を守りつつ前進する
事例集34_兵庫県手延素麺協同組合03
中央会 東(右)、赤松 と

安心・安全に食べ続けてもらうために原料にもこだわる。地元の製粉業者と提携し、独自のブレンドとばん砕(粉にする技術)を徹底して守っている。小麦、塩、水、油のみと素材はシンプルであるが、手延べそうめん揖保乃糸は縒りと合わせ、熟成を繰り返し時間をかけて仕上げることで、しっかりとしたコシとつるっとしたのど越しが生まれる。食すると滑らかな舌触りで、消化にも良い。だからまた明日も食べたくなる。

組合では手延べそうめんだけではなく、手延べひやむぎ、手延べうどん、手延べパスタ、手延べ中華麺も製造されている。揖保乃糸商品で乾麺売り場をバラエティ豊かにし、幅広いお客様にあらゆる角度から「手延べそうめん揖保乃糸」を知ってもらい、ひいては「そうめんやっぱり揖保乃糸」と思っていただけるファンづくりの窓口を広くするためだ。長い歴史を歩んできた「手延べそうめん揖保乃糸」に革新をくわえながらも大切に守り繋いでいく。ブランドを守るため値下げは行わない。最後に「高いけど買って食べてみてくれたらわかる!」と笑顔で話された。

---2021年3月
担当者からひとこと
長い歴史を持つ手延素麺・揖保乃糸のブランドを有する同組合は、高い知名度を有している。しかし原材料が小麦・塩・水・油のみのシンプルな素材のため、ごまかしが効きません。安定した品質の揖保乃糸を市場に送り出すため、原材料や製法にこだわりを持って取り組まれております。同組合の守るべき伝統と新たな取り組みに対して継続して支援していきたいと思います。
中央会_
担当者:赤松 学
中央会では、団体・経営者の皆様がお持ちの様々な経営課題を解決するためのメニューをご用意しています。
中央会では組合、組合員企業(中小企業)の様々な相談に日々対応しています。「動く・つなぐ・結ぶ」中央会の一面、団体・中小企業が中央会を活用して課題解決に向けて熱心に取り組む様子をお伝えします。
中央会活用事例「氷上商業開発株式会社」
case no.39
氷上商業開発株式会社
活路開拓補助金で得た調査結果を活かして収益化を目指す
読んでみる
中央会活用事例「坂本商店」
case no.38
坂本商店
クラウドファンディングで自社製品をマーケティング
読んでみる
中央会活用事例「淡路麺業株式会社」
case no.37
淡路麺業株式会社
SNSを活用した じわじわと広がるファンとのつながり
読んでみる
中央会活用事例「あわじ里山プロジェクト」
case no.36
あわじ里山プロジェクト
「あわじ島ちく」で、放置竹林問題解決の成功事例となり活動を広めたい
読んでみる
中央会活用事例「菅哉物産株式会社」
case no.35
菅哉物産株式会社
プレスリリースで発信力の強化を実践
読んでみる
中央会活用事例「兵庫県手延素麺協同組合」
case no.34
兵庫県手延素麺協同組合
伝統食材の歴史を重んじ未来を拓く
読んでみる
中央会活用事例「Café Kitchen ReBorN(リボン)」
case no.33
Café Kitchen ReBorN(リボン)
人が集まり、自分もお客さんも夢を実現できる場を作る
読んでみる
中央会活用事例「兵庫・阪神家電設備事業協同組合」
case no.32
兵庫・阪神家電設備事業協同組合
町の電器屋さんとして地域の暮らしをサポート
読んでみる
中央会活用事例「伊藤牧場のジェラート屋さん「ぐらなーと」」
case no.31
伊藤牧場のジェラート屋さん「ぐらなーと」
地元に寄り添い、地域食材を使った優しい味のジェラート
読んでみる
中央会活用事例「清水木工所」
case no.30
清水木工所
蓄積された技術とITの融合で これからの靴づくりを牽引する
読んでみる
中央会活用事例「兵庫フード協同組合」
case no.29
兵庫フード協同組合
酒米「山田錦」を守り、発展させる
読んでみる
中央会活用事例「ヒロセエンジニアリング株式会社」
case no.28
ヒロセエンジニアリング株式会社
端材の利用で一般消費者にアピールする
読んでみる
中央会活用事例「株式会社藤原」
case no.27
株式会社藤原
発注者と受注者そして従業員 すべてが満足できるために奮闘
読んでみる
中央会活用事例「株式会社青山産業研究所」
case no.26
株式会社青山産業研究所
日本伝統の留め具 こはぜを再認識して守り伝える
読んでみる
中央会活用事例「神栄化工株式会社」
case no.25
神栄化工株式会社
黒子の靴底に光を当てる!受注生産型製造業から独自商品を発信
読んでみる
中央会活用事例「播州皮革工業協同組合」
case no.24
播州皮革工業協同組合
産地での直販の強みを生かしてブランド化を図る
読んでみる
中央会活用事例「オリーヴ菓子開発プロジェクト」
case no.23
オリーヴ菓子開発プロジェクト
連携グループ集中支援事業を活用した菓子づくり
読んでみる
中央会活用事例「北神生コンクリート協同組合」
case no.22
北神生コンクリート協同組合
景気回復基調といわれる今こそ課題解決と基盤固めの好機
読んでみる
中央会活用事例「株式会社オキフーズ」
case no.21
株式会社オキフーズ
淡路島の蒲鉾屋しかできないことを極め
地域貢献したい
読んでみる
中央会活用事例「KEKKOI」
case no.20
KEKKOI
『スイーツで笑顔になる人を増やしたい』
夢に向かって発信!
読んでみる
中央会活用事例「菊水ゴルフクラブ」
case no.19
菊水ゴルフクラブ
SNSをひとつのツールとしてよく知り
経営戦略に生かす
読んでみる
中央会活用事例「テラコッタアートVASARA」
case no.18
テラコッタアートVASARA
IT活用で工房から職人が発信する成功事例となり
伝統技術継承に尽くしたい
読んでみる
中央会活用事例「有限会社ボック(神戸洋藝菓子ボックサン)」
case no.17
有限会社ボック
ITでプロモーション大会2014参加で社内のチーム力アップ
読んでみる
中央会活用事例「アニバーサリーボイス」
case no.16
アニバーサリーボイス
創業間もないころのプロモーション大会参加で自らの強味を再確認
読んでみる
中央会活用事例「株式会社フジタ精米人」
case no.15
株式会社フジタ精米人
補助金を利用して
新製品を開発
農業ビジネスで地域貢献を
読んでみる
中央会活用事例「灘菊酒造株式会社」
case no.14
灘菊酒造株式会社
第三者の客観的な立場からの支援が歴史ある酒蔵の新しい展開に役立った
読んでみる
中央会活用事例「髙丸工業株式会社」
case no.13
髙丸工業株式会社
中小企業の力で
最強のものづくり日本を再現したい
読んでみる
中央会活用事例「企業組合氷上つたの会」
case no.12
企業組合氷上つたの会
企業組合設立による法人化
社会的信用度もアップし、理事長の交代にも成功
読んでみる
中央会活用事例「兵庫県パン商工組合」
case no.11
兵庫県パン商工組合
抱える課題が多いからこそ中央会の支援を個々のパン屋へも広げたい
読んでみる
中央会活用事例「淡路瓦工業組合」
case no.10
淡路瓦工業組合
和の伝統「瓦」の価値再発見の提案へ向け、組合員個々に支援の浸透を
読んでみる
中央会活用事例「播州織工業協同組合」
case no.9
播州織工業協同組合
「活路開拓事業」で専門家派遣を利用し、機能性布地の新製品開発に成功
読んでみる
中央会活用事例「日藤ポリゴン株式会社」
case no.8
日藤ポリゴン株式会社
補助金活用で開発したスロッターマシンが大きな柱となる事業に発展
読んでみる
中央会活用事例「明和株式会社」
case no.7
明和株式会社
マッチ産業から製麺業へ 販路拡大、海外進出への支援活用が課題
読んでみる
中央会活用事例「足立織物株式会社」
case no.6
足立織物株式会社
若い後継者への事業承継を進める中で多くの支援と経験値を上げる機会が得られた
読んでみる
中央会活用事例「株式会社上野商店」
case no.5
株式会社上野商店
人間的なつきあいの深まりで、かゆいところに手が届くサポートが得られた
読んでみる
中央会活用事例「株式会社喜市」
case no.4
株式会社喜市
「経営革新計画」策定サポートで、自社の経営全般を振り返り見直すことができた
読んでみる
中央会活用事例「丸一興業株式会社」
case no.3
丸一興業株式会社
新しいことに挑戦し続ける企業を応援してくれる中央会の門戸は広い
読んでみる
中央会活用事例「関西メディア株式会社」
case no.2
関西メディア株式会社
バーチャル展示会HYOGO!の動画を受注したことで中央会をとことん活用できた
読んでみる
中央会活用事例「株式会社長手長栄堂」
case no.1
株式会社長手長栄堂
農商工連携補助金で地元の農家とのコラボレーションが実現
読んでみる